不労所得 投資信託 配当・分配金

2015年4月 国際ワールド・リート・オープンから分配金入金と、毎月分配金型投資信託のメリット・デメリット

更新日:

国際ワールド・リート・オープン(毎月決算型)より分配金入金

今月も、国際ワールド・リート・オープン(毎月決算型)より分配金入金。

分配金     7924円

NISA口座で買い付けているので、税金なしなので丸々分配金いただきました。ありがとうございます!!
基準価格もじわじわですが上がってきてうれしい限り。

国際ワールドリートオープン(毎月決算型)
4月17日現在
基準価格 1万口 4879円
分配金  1万口に対して70円

毎月分配型投資信託は再投資型に比べて、投資家にとって不利であると前から言われていた理由の一つに税金が毎月引かれる事がありましたが、NISA口座を使うことで解消出来ます。私はNISA口座開設するまえから持ってたけどね(^^)
だって、やっぱり毎月入金があると嬉しいですもん( *´艸`)

スポンサーリンク

毎月分配金型投資信託のメリット・デメリット

毎月分配金型投資信託のメリット

毎月分配型投資信託のメリットは、名前の通りズバリ毎月保有口数に応じて分配金を受け取る事が出来るです。国際ワールド・リート・オープン(毎月決算型)は、2015年4月は1万口あたり70円の分配金でした。(分配金は、変動します。2014年11月以前は1万口あたり65円でした。)
毎月の分配金で、食事や買い物等することが出来て、投資で稼いだという気持ち良さや、気持ちの余裕が体感できるでしょう。

 

配当再投資型投資信託に比べて、毎月分配金を受け取る為に暴落時にマイナスの複利を防ぐことが出来ます。
タイミングが難しいですが、毎月の分配金を貯めておいて底値付近で再投資出来ればかなりのリターンになります。

毎月分配金型投資信託のデメリット

配当再投資型投資信託に比べて、毎月の分配金から税金を引かれるためコストが多くかかります。

 

毎月分配金を貰うので、複利効果を得られない。複利の繰り返しで資産を増やしていくのが王道でしょうが貰った分配金を使ってしまっては複利効果が得られません。(分配金を貯めていて底値付近で再投資出来れば話は別です。)

 

特別分配金(元本の取り崩して配当)をする事がある。(ただの投資したお金の返却なので意味がない。)

普通分配金・特別分配金

・普通分配金は、ファンドが集めたお金を運用して利益が出た時に、利益の分から出した配当金・分配金です。

・特別分配金は、ファンドが集めたお金を運用して利益が出ていない時に、集めたお金(元本)を取り崩して出した配当金・分配金です。(ただの投資したお金の返却)
普通分配金か特別分配金かは「株式投資信託 分配金・償還金のご案内 兼 再投資報告書」を見れば書いてあるので普通分配金がいくらか?特別分配金がいくらか?すぐにわかります。

-不労所得, 投資信託, 配当・分配金
-, ,

Copyright© 目指せ!!左うちわの優待生活 , 2017 AllRights Reserved.