健康

アーモンドの5つの効果。体にもいいし、ダイエットにもおすすめです。

投稿日:

こんばんは!!

 

バーディーです。

 

最近、太りぎみで少し体重落としたいなと思っていたんですが、まずは間食のお菓子を減らそうと思っていろいろ考えたり調べたりしていたんですがアーモンドがとても良さそうだと思いました。

 

無塩のやつとかのアーモンドが、とても体にいいしダイエットにもつながりそうです。

スポンサーリンク

アーモンドの5つの効果

最近、太り気味かな!?と思って気を付けていたんですが食後など少し何かつまみたいな~と思う時に、お菓子を食べてしまっていました、やっぱり良くないですよね~。

 

なので、なんかいい物がないかな~と探していたら「アーモンド」が、凄いいいみたいなので、調べてまとめてみました。

老化防止

肌の老化を進行させる物質「AGE(終末糖化産物)」が生成されるのを阻止する働きがアーモンドにあります。

1日25粒のアーモンドを、毎食後に分けて食べると1番効果が高いです、肌の潤いと張りが増します。

不足がちなミネラルを補給できる

アーモンドには、多彩なミネラルが含まれていて不足しがちな・カルシウム・カリウム・マグネシウム・亜鉛・鉄分・ビタミンEなどが豊富に含まれています。

骨粗しょう症の予防(・カルシウム・マグネシウム)

骨粗しょう症の予防に、骨を作るのに必要なカルシウムはもちろんですが、カルシウムだけでは骨は生成されません、骨生成に必要なマグネシウムも必要です。

 

カルシウム・マグネシウムの両方を含むアーモンドは、骨粗しょう症の予防に最適です。

むくみ防止(・カリウム)

むくみは、体内の水分が異常に体の一部にたまっている状態です。運動不足などの原因もありますが、カリウムには、体内のナトリウムを排出させてむくみを解消する効果があります。

 

アボカド・ほうれん草等もカリウムが多く含まれますが、おやつ替わりにさっと何粒か食べられるのでアーモンドは、おすすめですよ。持ち歩くのにも邪魔にならないですしね。

貧血予防(・鉄分・亜鉛)

貧血の原因である、鉄分・亜鉛の二つともアーモンドには含まれています。貧血予防にも効果を発揮してくれます。

 

オレイン酸がコレステロールを下げる

アーモンドの脂肪分の約7割は、オレイン酸です。オリーブオイルや、キャノーラ油にも多く含まれるオレイン酸ですが、コレステロールを下げてくれることがわかっています。

 

しかも、コレステロールを下げるといった事は無く、動脈硬化に関係があるLDLコレステロール(悪玉コレステロール)だけを下げる事がわかっています。
そしてLDLコレステロール(悪玉コレステロール)などを回収してくれる役割があるHDLコレステロール(善玉コレステロール)は減らさないこともわかっています。

食物繊維で便秘解消

腸内環境を整える働きをする食物繊維も豊富に含まれているので、お通じの状態も良くしてくれます。

老化・生活習慣病の予防

アーモンドの種皮には、ポリフェノールも含まれています。高い抗酸化作用で老化の原因となる活性酸素を除去して老化現象・生活習慣病の予防に効果があります。

管理人のお気に入り「アーモンド」

いろいろ商品を調べてみたんですが、当たり前だけど沢山ありすぎて迷う・・・

最終的に、今はこれにしています。

無添加・素焼きで、安心して食べられるし塩等使っていない素焼きなので体にもいいですね!!

 

無塩の素焼きですが、普通にアーモンドの味がして美味しいですよ。すでにリピーターになってます。

 

ちなみに、メール便なんですが管理人宅の郵便受けには入らなかったみたいで不在通知があり、後日届けてもらいました。あっ!!それでも送料無料ですよ(^^)

まとめ

アーモンドの効果も凄くいいですが、なによりおいしい!!

 

アーモンドだけの効果では、ないかもしれませんがこれまでスナック菓子を食べていたところが2~3回に1回くらいはアーモンド食べてるので、それだけでもダイエット効果もありそうです。2~3キロ痩せましたよ(^^)

 

しかし、いくら無塩の素焼きアーモンドでも食べすぎると太るし体に悪いでしょうから適量で行きたいと思います。1日25粒位が適量ですが、管理人はもうちょっと多めの35粒くらい食べてしまうんですよね(^^;

 

今も、食べながらブログ書いてます。写真見ると30粒ですね~。

-健康
-, ,

Copyright© 目指せ!!左うちわの優待生活 , 2017 AllRights Reserved.