9月優待 株主優待

★2014年9月株主優待取得銘柄発表と、逆日歩について★

更新日:

昨日は、9月末株主優待権利日

9月は、株主優待実施企業が多いのもあり、お祭り気分で楽しかったです!!
9月は、361銘柄と3月の株主優待実施企業657銘柄に続き1年で2番目に株主優待実施企業の多い月。
あれこれ考えるのが楽しいですね。しかし、現物保有株も6銘柄しかなく今から買うのも株価も高く、結局現物保有株6銘柄、クロス取引で【3088】マツモトキヨシホールディングスの株主優待権利獲得したぐらいとなりました。
9月末権利の私の株主優待権利確定銘柄は・・・

【9202】ANA        3000株
【4298】プロトコーポレーション 100株
【9832】オートバックス     100株
【3392】デリカフーズ    1000株
【9206】スターフライヤー  100株
【4636】T&K TOKA   100株
【3088】マツモトキヨシホールディングス 100株
以上、最終的に7銘柄となりました。

1銘柄クロス取引で増やしたぐらいでは、少し寂しいですね。もう少し銘柄を増やしたいのですが、全体的に株価上昇中なので、なかなか手が出ません。
仕事もあるので、じっくり考える時間もないのもありますが、逆日歩も気になってなかなかガッツリとクロス取引出来ないチキン野郎です・・・orz
しかし、逆日歩と手数料合わせて、株主優待とトントンになるのも、何か負けたみたいで悔しいので、当分はこんな感じで行こうと思います。

スポンサーリンク

逆日歩について

逆日歩とは、信用取引において売り建てが増えすぎて株が不足した時に追加でかかる費用みたいなものです。

逆日歩発生の仕組み

信用取引において証券会社はまず信用買い注文と信用売り注文を相殺します。
しかし、信用売りと信用買いが同じ株数になる事は、なかなかないですよね?ですので、相殺できずに手元で処理できない部分が出てきます。そうなったら、証券会社は日本証券金融、大阪証券金融などの証券金融会社というところに申し込みをし、証券金融会社は買いが上回っている時には現金を売りが上回っている時には株券を貸し出します。(信用買いはお金を借りて取引し、信用売りは株券を借りて取引するため)

信用売りが膨らんできて、証券金融会社も自分の所で処理しきれなくなってきたら・・・
銀行、保険会社、機関投資家などから調達します。そして、当たり前ですがこの時に無料で調達できるわけはありません。この費用が売り建てている投資家に負担として転化されたものが【逆日歩】という事です。

逆日歩の、恐ろしい所

逆日歩の、恐ろしい所はその日の取引が終わってみないと、どの位の信用売りが出て、どの位の株不足なのかが事前に分からない所です。
しかし、全く動きが分からないと言うことはなく、対象銘柄の「貸借倍率」の推移を見てれば、信用売りが増えてきた等把握することがある程度出来ます。

-9月優待, 株主優待

Copyright© 目指せ!!左うちわの優待生活 , 2017 AllRights Reserved.