パソコン

★Windows10 付箋が便利!!シャットダウンしても張り付いてくれる付箋アプリ「Sticky Notes」★

更新日:

おはようございます!!

 

バーディーです。

 

人生長く生きてると、いろいろな用事が増えていきますよね。正直、覚えられない・・・老化じゃないよ!!・・・じゃないはず・・・

今までは、スマホのスケジュール表とかに入れてたんですが、最近よく家でパソコンを触るのでパソコンに、なんかあればいいな!!と思って調べていたら、いいのがありました!!

 

付箋(ポストイット)です、Windows10では「Sticky Notes」ってアプリです。ちょっとしたメモをデスクトップ上に気軽に張れるので便利です。シャットダウンしても、もちろんそのままデスクトップ上に残ってくれるので(自分で削除しないと残ってくれます。)、ホントに紙の付箋みたいに使えて使い勝手がいいです。

スポンサーリンク

Windows10 標準付箋アプリ「Sticky Notes」

以前のWindowsは、そのまま「付箋」というアプリがあったんですが、Windows10では、見ないな!?なくなったのかな!?と思っていましたが、見つけました!!

「Sticky Notes」に名前が変わってました!!意味は、付箋の複数形です。はい、英語わかりませんから!!

「Sticky Notes」付箋の起動方法

「Sticky Notes」付箋は、スタートメニューの「S」のリストの4個目です。
ウインドウズボタンを左クリック(又は、キーボードのウインドウズボタンを押してもいいです。)

スタートメニューの「S」のリストの4個目にあります。「Sticky Notes」を左クリック。

付箋アプリ「Sticky Notes」が起動しました。

これで、メモなりなんなり書いてデスクトップに貼りついてます。まさに、付箋!!真ん中は邪魔なら、濃ゆいオレンジの所をつかんでドラッグ&ドロップで、端っこに持っていきましょうね。

「Sticky Notes」付箋のカスタム

紙の付箋のように、いろんな色に変えることも出来ます。実際のメモと同様に、下線を引いたりとか、取り消し線も使えます。ほぼ、紙の付箋と変わらない使い勝手ですよね。

付箋の色の変え方

では、付箋の色を実際に変えてみましょう。2ステップで簡単に変えられます。

1、赤枠の「・・・」を、左クリック!!

2、赤枠の中の、6種類の色に変えられます。好きな色のアイコンの上で、左クリックで色が変わります。(青に変えてみました。)

ちなみに、もう1枚欲しいんだよね!!ってときは、赤枠の「+」を左クリックで、もう1枚の付箋が現れます。

付箋に書く文字の装飾

文字の書式を変える、ショートカットキーも便利ですよ。

Ctrl+B で 太字

Ctrl+U で 下線

Ctrl+T で 取り消し線

Ctrl + Z で 元に戻す

Ctrl + Y で 進む

 

文字サイズの変更も出来たらよかったんですが、現状ではできません。あと、画像や表なんかも張り付け出来ません、ちょっと残念ですね。

 

たまにしかパソコン開かない人は、やめてた方がいいとおもいますけど、毎日パソコンを開く人には紙の付箋より断然便利だと思います。おすすめですよ。

-パソコン
-, ,

Copyright© 目指せ!!左うちわの優待生活 , 2017 AllRights Reserved.